生産者

ワイン生産者/カサール・タウレロ CASAL THAULERO

  
◆「アブルッツォで一番美味しいワインを造る」 カサール・タウレロ◆

地元でこう評される生産者[カサール・タウレロ]。 イタリア・ローマの東に位置するアブルッツォ州の生産者。

16世紀の貴族、タウレロ家に由来する歴史あるワイナリー。
1961年にはアブルッツォ州でははじめて、DOCワイン製造が始まりました。
創設時より、こだわりは一貫して『高品質』。

                        
                         カサール・タウレロ所有畑 08/6月撮影  

現代の技術とこれまで培った経験により生み出される品質の高さは今やアブルッツォ州にとどまらず、
イタリアを代表するまでになりました。 世界各国で賞を授与され、2003年にはイタリア屈指のエノロゴ(醸造技術者)
12人のひとりに 選ばれるなど、数々のタイトル授与がそれを証明しています。

                 
    カサール・タウレロテクニカルチームのスタッフ      醸造責任者のロメオ氏と弊社マネージャー田中 08/11月


カサールタウレロの歴史はアブルッツオ地方の輝かしいワイン作りの伝統に由来します。
このクオリティはワイン作りの職人達の細かい手作業と協力、 そしてアブルッツオの土地で育つブドウの賜物です。
古代ローマ人によって「アプラティアム」と呼ばれたこの地域の中心、そこはアドリア海へ 伸びるなだらかな山の坂に
位置するのですが、この土地からは最高のブドウが何世紀にも 渡り栽培され、質のよいワインが産出されています。

                  

この地方の土壌はライムストーン(石灰岩)と呼ばれ、その泥状の土壌とそれに有利な天候が
この土地の特長のあるブドウを作り続けています。 ワイン職人の素晴らしい技術。それは、余分な枝はすぐに 切り落とし、
各畑からの収穫率を抑え、全て手摘みの作業の後、最高に熟した最高の ブドウだけを選りすぐるというものです。
この情熱を注いだ工程がアブルッツオの地を思い起こさせるフルーティーな香りを持つ フルボディワインに仕上がる秘訣なのです。
各工程はカサールタウレロのワインの特長を最大限に引き出し、本物である事を証明しています。
ブドウ果汁の搾取は丁寧にやさしく、樫の木の樽は地元の素晴らしい専門家によって 厳密に管理されています。
カサールワインは16世紀から生産を続けられ、世界に紹介されてきました。
そして、それはアブルッツオのブドウの価格を安定させた初めてのワイナリーに成長したのです。
                        

what's new
  • ~毎月1日配信~
    カリテのプチサイト Qualite Letter
    C.P.Theによる紅茶のコラム
    こちら
  • ~毎月10日配信~
    カリテのプチサイトQualite Letter
    ソムリエー
    ル川西 ワインのコラム
    こちら
  • 2016/2/16
    お客様の声が届きました
    ありがとうございます!  こちら

営業日カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ご注文は24時間受付けております。在庫のある商品は順次発送、原則5営業日以内に発送致します。

ページトップへ