フランスのリンゴジュース
季節に合わせたワイン
ドンナフガータスタイル
生産者からのコロナに対するメッセージ
想いのこもったヨーロッパからの食材
作り手との繋がりを大切にしています
2021年 09月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
今日
店舗休業日
2021年 10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

コロナ感染症対策により、営業日&発送日を限定し営業させて頂きます。ご不便をおかけしますが、ご協力のほど、宜しくお願い申し上げます。

 

GEORGE CANNON

フランスの香りが生み出す、
優しく優雅な紅茶の世界

ジョルジュ・キャノン社は、1898年創業のフランス・パリの老舗紅茶商です。現在、オーナーでティーブレンダー職人の、オリビエ・スカラ氏で4代目。彼はフランスで初めてフレーバーティーの製造を始めた第一人者です。
ジョルジュ・キャノン社のこだわりは「お茶、それは香りを楽しむこと」。世界の茶葉を季節によって使い分け、ブレンドの種類は600種類にものぼります。その評価はフランス国内で大変高く、パリの名だたるレストラン、菓子店、高級食料品ブティックで味わう事ができます。

オリビエ・スカラ/
フランス紅茶委員会会長、ジョルジュ・キャノン社オーナー、ティーブレ
ンダー。フランスに於けるフレーバーティーの先駆者。
パリにあるジョルジュ・キャノンサロン店内のようす

Thés George Cannon - L'Essence du Thé

オリビエ氏の、経験と感性から生まれるフレーバーティーは、茶葉の中に花、果実、ハーブなどを、絶妙にバランスさせ、南仏コート・ダ・ジュール「グラース」の最高級天然フレーバーを中心にブレンドすることにより、ナチュラルで高貴なフランス紅茶の世界を、創り出しています。
オリビエ氏によると、初めてフレーバーティーを楽しもうという方にお勧めの楽しみ方は「AS YOU LIKE」。好きな時に自分のコンディションや、状態にあわせお茶を選んで気軽に楽しむのが一番とのことです。

GEORGE CANNON ジョルジュ・キャノン

生産地 / フランス


ジョルジュ・キャノン商品一覧はこちら

Qualite NEWS

カリテと生産者のニュースをお届けします