季節に合わせたワイン
ドンナフガータスタイル
生産者からのコロナに対するメッセージ
想いのこもったヨーロッパからの食材
作り手との繋がりを大切にしています
2021年 04月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
今日
店舗休業日
2021年 05月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
店舗休業日

コロナ感染症対策により、営業日&発送日を限定し営業させて頂きます。ご不便をおかけしますが、ご協力のほど、宜しくお願い申し上げます。

 

トップ > フランス > Languedoc & Loussillon (ラングドック・ルーション) > シャトー・ミニャン / Chateau Mignan > ペシュ・クシュ・ルージュ BIO
ワイン > フランスワイン > 赤ワイン > ペシュ・クシュ・ルージュ BIO

ペシュ・クシュ・ルージュ BIO

商品コード : 26050
生産者 : シャトー・ミニャン
生産地 : フランス
価格 : 2,310 円(税抜 : 2,100 円)
【参考:1ケース=6本入商品】
数量     ○在庫あり
 

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
★★★ケースでのご購入の場合も入数(本数換算)でご入力下さい。★★★

 

濃いのにエレガント!南仏の風景浮かぶ赤ワイン

Pech Quisou Rouges BIO
ペシュ・クシュ・ルージュ BIO
【色】 【テイスト】 軽☆☆☆☆★重
フルボディ
【原産地】

フランス
ラングドック地方

【生産者】 シャトー・ミニャン
【格付け】 ミネルヴォア AOP 【葡萄品種】 シラー、グルナッシュ 
【飲み頃温度】 10〜12℃ 【容量】 750ml 【輸入者】 (有)カリテ・エ・プリ

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています。
ヴィンテージやラベルが変更になる場合がございます。


 
深く濃い赤紫色。ブラックベリーの果実の香りに
セージやマジョラムのハーブ香、
インクの香りが入り混じった深くエレガントな香り。

口当たりは非常になめらかで、
きめ細かでしっかりとしたタンニンを感じ、
最後に感じるほのかな苦みとベリーの香り、ハーブ香が
風が吹く南仏の葡萄畑の風景を思い起こさせてくれます。
     
仔羊、牛肉、マグレ鴨など赤身肉のローストやBBQ、
ブルーチーズ、産地近くカルカッソンヌ名物料理カスレ〜
   
 
フランス ラングドック北部
ミネルヴォアの段々畑がモンターニュ・ノワールへ続く、
泥質と石灰質の土壌

熟成度の高いものを厳選して収穫、機械での夜摘みをします。
プレス後、果汁が落ち着くと発酵過程に入る。約14℃。
熟成は澱とともにおこないます。

ミネルヴォアはナルヴォンヌとカルカッソンヌの間、
モンターニュ・ノワール山のふもとのワインエリアです。
テラス状の土地形のおかげで様々な土壌で構成された地域です。
そこで造られるワインは1つのアペレーションで
フルーティで飲みやすいワインから ミネルヴォア・ラ・リヴィニエールの
テラス状の土地の上部で造られるソフトなタンニンが特徴的な、
しっかりとした骨格のあるワインまで幅広いです。

シャトー・ミニャンはテラスの上部にあります。
ちょうどペリアックとラ・リヴィニエール村 の間、シラン村に位置します。
畑の所有面積は16ヘクタール、
うち7ヘクタールはミネルヴォア・ラ・リヴィニエールのアペレーションです。
主な栽培葡萄品種はシラー、グルナッシュと樹齢の高いカリニャンです。

土壌のトップは「グラヴェット」である泥質と石灰質の土壌が
冬季であっても水分を保ち、葡萄樹が少しずつその水分を吸収します。
これにより樹が余計なストレスを抱えず
良い状態で葡萄実をつけることができるのです。

ソフトに圧搾するいわゆる伝統的な赤ワインの醸造工程、
大樽にて長めに熟成 させしかるべき熟成期間に入ります。
白ワイン(主にグルナッシュ・ブラン、ローサンヌ、 マルサンヌ、ヴェルメンティーノ)に
に関しては特に注意を払い収穫は夜間に行われます。
フレッシュさを保つため澱と一緒につけこまれ
さらにリッチ感と丸みを出させます。

2012年よりシャトー・ミニャンの全てのワインはオーガニックに認定されています。
 

この商品についてのレビュー

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

Qualite NEWS

カリテと生産者のニュースをお届けします